PAGE TOP

フィルム暗室関係での疑問は検証してみよう

♪ Breakout (by Swing Out Sister)
 −−− はてな?っと思ったら試してみよう

ここでは疑問が湧けば試してみようというページです。
ただ厳密に検証を行うようなことはせずに、大まかに傾向を追うだけにするつもりです。
ですので本当かな?っと思った時には、ぜひとも自ら試してみてくださいませ。
項目があまり増えないページの予感がしておりますが...

項目。
モノクロ多諧調印画紙プリント時の露光色の疑問


【モノクロ多諧調印画紙プリント時の露光色の疑問】

そもそもは下記サイトを見たことがきっかけでした。
https://unblinkingeye.com/Articles/PPSS/ppss.html
(ホームページは https://unblinkingeye.com/)
内容は省略しますが、その中で多諧調印画紙プリント時に硬調な露光と軟調な露光を行っていて、その時に使う露光にライティング用 フィルタ(下図のようなもの)を通した光を使っているのですが、軟調に使用するのが緑色で硬調に使用するのが青色として 行っているのです。多諧調印画紙プリントをしていると、軟調に使用するのは黄色で硬調に使用するのはマジェンタ色が あたり前だと思っていたので、本当なのかなぁ?っと思っていたのです。

ライティング用フィルタ

それが先日、25年以上前の暗室関係の洋書本(※)を見ていると号数に対する引伸機各社のフィルタ値設定(カラー 引伸機での多諧調印画紙設定値)が記載されていて、その中のパターソンの引伸機がまさしく緑色と青色での表が載っていたのです。 B値やG値という設定ですので、たぶんこのパターソンの引伸機はCMY系(減法混色)ではなくRGB系(加法混色)で設定する機器だったよう なのです。その本ではパターソンの設定値は以下のようになっていて、わかりやすい色だけを抜き出してみると0号=緑色・2号=水色・ 5号=青色で対応しているようなのです(号数はイルフォードのフィルタに相当)。たぶん数値は低いほどその色が濃く露光されるもの だったのでしょう。

号数 B値 G値
0号 offB 35G
0.5号 180B 35G
1号 120B 40G
1.5号 85B 45G
2号 55B 55G
2.5号 30B 65G
3号 20B 85G
3.5号 15B 120G
4号 10B 160G
4.5号 05B 210G
5号 00B offG

(※) CREATIVE ELEMENTS / Darkroom Techniques for Landscape Photography / Eddie Ephraums (著)

緑色=黄色+水色で、青色=マジェンタ色+水色なので、そこはかとなく号数として利きそうな気は一応するの ですが...水色ってどうなんでしょう?
これらの露光色で本当に号数に利くかどうかの疑問を抱えたままだとモヤモヤ感が続くので少しだけ試してみました。テストに使用する のは、ライティング用フィルタではなくて手っ取り早い引伸機のカラーユニットと多諧調ユニットを使って比較することにしました。 テストで使用するイーゼルマスク上の露光色は以下のようになるわけです。(わかりやすいようにイーゼルマスクの羽根より大きく 露光しております)

多諧調ユニットの露光色 テストしたい露光色
0号 標準0号 テスト0号
2号 標準2号 テスト2号
5号 標準5号 テスト5号

なんかあらためて露光色を見ると、全く違っていて上手くいくのか不安になってきました。
っで早速比較プリントしてみた結果は、
なんとっ!(なんか古い表現)
ほぼ同じコントラストでプリントできたのです!
下記画像はプリント後印画紙を同条件にてスキャンしたもので、画像をクリックすると少し大きく別ウィンドウで表示されます。

0号比較結果 0号比較
2号比較結果 2号比較
5号比較結果 5号比較

(ちなみに私のフィルムは軟調現像で行っていますので、標準現像でのフィルムより0号と2号の差は小さいかと 思います)
号数値は各社数値が異なっていて多少違いはあると思っていますが、できたプリントを見るとほぼ同じプリントなのです。露光時間は もちろん異なりますが、まったく違う露光色なのになぜかほぼ同じコントラストで焼けるのにはビックリです。濃い色の緑色水色青色で 試したのですが、半分の濃さで試してみると青色(5号)は4号ぐらいに低下し、緑色(0号)と水色(2号)はあまり変化はありませんでした。 テストでは1種類のバライタ印画紙(Arista EDU Ultra)しか使用していませんので、他の印画紙ではどうなのかは皆様が試してみてください ませ。

多少の効果はあると思っていたのですが、ほぼ遜色なく効果があるとは思いもよりませんでした。そもそも昔に パターソンではRGB系(加法混色)の引伸機があったことに驚きました。時代を経ることで傍流が主流に集約されて、主流しか知らない者に とっては、それだけがあたり前の常識だと思い込まされていたような気がします。
たまには過去から学ぶことも必要かもしれませんね...