PAGE TOP

2018.05.17

青森のあたり

皆さんは普段どれぐらいのサイズの印画紙を使ってられるでしょうか?
私はモノクロ印画紙の場合に、テストプリントを六切(8x10inch)で本番プリントを小全紙(16x20inch)で行っています。そもそも小全紙に した理由がどこかのサイトか書籍に、海外では小全紙が主流だと書いているのを見たからなんです。普段はあまりそういうことは気にも 止めないのですが、その頃よく使っていた大四切(14x17inch)ではちょっと小さいなぁっと感じていたので、あっさりと切り替えたわけ なんです。
テストプリントを六切で本番プリントを小全紙というサイズは利点があって、テストプリントを絞りF22で行って本番プリントを絞りF11に すれば、理論的には露光時間の変更をせずに本番プリントができるわけです(まぁ実際は調整が必要なのですが...)。
テストプリントを六切というある程度のサイズでテストプリントをすることで、このプリントを元に本番プリントではどのように調整 すれば良いかの目安にもなり、テストプリントを含めることで逆に楽になったように思えます。
っで今まで印画紙を六切紙と小全紙を買っていたのですが、この消費量がばらつくんですよね。テストプリントを多く消費したり本番 プリントを多く消費したりするとすぐにバランスが異なって購入のタイミングが合わないんです。まぁテストプリントだけのフィルムも 多いので、当然といえば当然なんですけど。
っでよく考えたらサイズは等倍なので小全紙をカットすればそのばらつきもなくなるしロットによる違いも解消できるんじゃないかと 今頃になって思っています。とりあえずこれからは小全紙だけ購入して、縦横半分にカットしたものを六切サイズのテストプリントに しようと考えています。テストプリントと本番プリントをする人であれば、小全紙サイズに限らず本番プリント印画紙を4分の1に カットしたものをテストプリントにするのも良いかもしれませんね。
それにしてもなぜ今まで裁断するということを思いつかなかったんだろう?
もう少し頭を柔らかくしないといけませんね...



2018.05.05

京セラsamuraiZ

ゴールデンウィークは全国的にまずまずの天気に恵まれて終わりそうで、良い旅を過ごしたあるいは過ごしているという人も多い でしょうね。
さて、このカメラは一見ムービーカメラに見えるかと思いますが、れっきとしたスチルカメラで京セラの「samurai Z」というカメラです。 135フィルムを使い撮影範囲はハーフサイズ(18x24mm)となりますので、フィルム枚数は普通の2倍撮れることとなります。このカメラは もともと私のではなく親父のカメラだったもので、今までは使わずに保管していただけでした。なによりレンズが盛大に曇っていて使うには きついなぁっと思っていたのですが、よく考えると36枚撮りであれば72コマ撮れるということで1秒間に複数枚で撮れば短い動画のような ものが撮れるんじゃないかと思って試写してみました。実は冷蔵庫に長巻からのいつ詰めたかわからないフィルムがあったので、消費しよう と思ったのが大きかっただけなんですけど...
結果がこちらのGIF動画で、レンズが曇ってる上に何も考えずに撮ったので酷いのは 解っていたのですが、それにしても詰まらない動画になってしまいました。ただ、感性豊かな人が使えばもっと面白い動画ができるような 気がします。カラーフィルムでも面白いかもしれません。連写ができるカメラだからこんなこと考えてしまったんですけど、昔の オートフォーカスなので暗いところではピントに少し迷ってしまうのが難点かもしれません。
動画の出来は置いといて、どうでもいいようなことでも気軽に現像できるのが自家処理している者の利点なんですよね。新年度も始まり ましたので、自家現像をされていない人は新しいことということでフィルム現像を始めてみませんか? 意外と楽しいですよ。
...っという自家現像への勧誘でした。



2018.04.25

兵庫のサクラ

先日CDを買いました。25年以上前のコンピレーションアルバムで、その時だけ気まぐれで集められたような様々なミュージシャン から楽曲を纏められたアルバムなのです。昔カセットテープで買ってよく聞いていたもので、今頃になって不意に聞きたいと思いましたが 既にそのカセットテープは処分していて、駄目元で各種楽曲で検索してみるとその時のアルバムが中古CDで売っていました。え〜っ あるんだ...と思って早速購入しまして、最初に入っているダイアナロスの歌声を聴いたときにはちょっと感動してしまいました。
また以前に、暗室プリントの後で加えたい処理があったのですが、よくわからない部分があって昔の洋書本をいくつか探して中古で購入して みました。3つ購入したのですが、イギリスやアメリカの書店から送られてきました。3つのうち2つは参考になることが書かれていたので 購入したかいがありました。
これらは昔のCDや本の中古で気軽に買えるほど安かったので購入したわけなんです。(逆に安すぎて申し訳ないぐらいで...)
昔だと近隣の店を周っても見つからない物でしょうけど、いまだと近隣ではなくてもネットで日本以外からも探せるようになって便利に なりました。ただ思ったのですが、需要があれば音楽や本もデジタルデータにして永劫的に利用できるようになるかもしれませんが、需要の 無いものであればデジタルデータにすらされなくて無くなるんだろうと感じたのです。まして、暗室関係のマイナーなものであればなおさら のような気がします。
つまりは、暗室関係で必要な本があればとにかく買っておこうと思った次第なんです。



2018.04.16

みぎわせん

オリンパスギャラリー大阪での写真展、無事終了いたしました。会期中はたくさんの方にお越しいただき誠にありがとうございました。 さらに、前回個展に引続きご来場いただいた方や遠方からいらっしゃった方も多く、どれだけ感謝しても足りない気がします。 こういう機会を与えてくださったオリンパスギャラリーさんのおかげで貴重な時を過ごすことができました。
写真を撮って多くプリントができたから写真展を行ったという流れですが、写真展を行って良かったと思うのはなによりも客観的に様々 な意見を伺えるという事が非常に大きいのです。ひとりで撮ってプリントしていると、なにかと考えが固着しまいがちになってしまいます。 それをご意見や会話のなかから、もう少し柔軟的に異なった方向をも含めて考えても良いんじゃないかというきっかけを与えてくれています。 また家では多くの写真を並べて飾れませんので、写真展で多く並べることで足りて無いものというのがなんとなく見えてくるような気が します。
あらためて、新年度のお忙しい中、ご来場いただき誠にありがとうございました。
しばらく写真を撮り控えていたので、とりあえず関西近隣で撮りに出かけようかと思っています。



2018.04.01

京丹後

富士山は日本で一番高い山、琵琶湖が日本で一番大きな湖...誰もが知っていることですが、実は日本の海岸線って世界的に見て すごく長いということをご存知でしょうか?
国土の大きさで言えばお世辞にも大きな国とは言えないわけですが、海岸線の長さ(色々な測り方がありますが一般的に認知されている長さ)は、 国土がはるかに大きなアメリカやオーストラリアよりも長く、世界で6番目の長さと言われています。それは国土を他国と接しないたくさん の島がある島国であるのと、海岸線が複雑な形状で構成されているということで非常に長くなるわけなんです。もっとも、自然海岸と呼ば れる部分は半分ほどで、他は何らかの護岸がされているのが残念なところではあります。それだけ長い海岸線を有していて緯度もかなりの 差があって季節の寒暖差も大きいことから、各地海岸線には固有の表情というものが季節をまたがって存在している多様性があります。 これだけ長いにも関わらず、案外見知っている海岸線は少ないという人も多いのではないでしょうか?
っで前置きが長くなりましたが、今月の6日金曜日からオリンパスギャラリー大阪で個展をさせていただきます。北は北海道礼文島から南は 鹿児島徳之島までの各地自然海岸線を長時間露光によって撮った写真を展示いたします。本物の海岸線の良さには到底かないませんが、 少しでも海岸にいる雰囲気を味わっていただければ嬉しいです。新年度早々での展示となりますが、都合が良ろしければぜひお立ち寄り くださいませ。
では、ギャラリーでお待ちいたしております。
(個展に関しては、こちらのPhotoページをご参照ください)